Member

仲間を知る

05

問題解決のためのチームワークの良さが自慢です

北口 琢朗  Takuro Kitaguchi

2012年入社/ 企画
関西学院大学文学部

アパレル志望から鞄製造へ

学生時代に熱中したことや心に残っているエピソードを教えてください

学生時代から洋服や靴、鞄が大好きでアルバイトを頑張っては購入していました。

 

就職活動でもアパレル企業を志望し、かなり多くの企業を受けましたが内定がもらえず、1年大学に残り洋服の販売員のアルバイトを約1年経験し、株式会社由利に入社しました。

どんな仕事をしているのか、今の役割などを教えてください

営業部に所属しOEM先のお客様と打ち合わせし商品開発を行っています。

また、新しく始まるPBの開発にもかかわっています。

株)由利を選んだ理由を教えてください

好きなことを仕事にしたいと考えアパレル中心での就職活動をしました。最初は販売員などを考えていましたが、就職活動をしていく中で作る側もいいなと思い、株式会社由利を選びました。

入社前に持っていた印象、入社後の印象の違いを教えてください

特に印象の違いはありませんが多くの人がモノ作りに関わり、商品が出来ていることに驚きました。

株)由利の良いと思うところを教えてください

問題が起きたときのスピード感。メーカーなのでトラブルはつきものです。しかし、トラブルが起きたときの対応が非常に大事だと思っています。

 

由利はこのような場面でチームワークの良さも感じます。

自分で考えた鞄を持つ人を街で見かけた時は、とても嬉しかったです

どんな時に成長を感じるか教えてください

問題が起きたときの動きです。

モチベーションになっていることを教えてください

自分が考える鞄や機能が形になり商品がたくさん売れることです。

一番大変だったこと、失敗談を教えてください

海外で生産した商品が日本に入荷した際の検品で約1000本の不良が出たことです。

その時にどのように乗り越えたか教えてください

会社の多くの人に協力していただき修理を行いました。

一番嬉しかったこと、チャレンジしたことなどを教えてください

自分が考えた鞄が商品化され、街で使用している人を見たときです。

今の目標を教えてください

OEM先のお客様との取引を大きくしていくことはもちろんですがPBの販売を増やしていきたいです。

ある1日のタイムスケジュール

  • 8:30

    ミーティング.

  • 9:00

    サンプル作成の依頼

  • 10:30

    商品チェック

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    お客様への電話、メールなどのやり取り

  • 15:15

    客先へ訪問

  • 18:00

    帰宅