Member

仲間を知る

04

ものづくりに携わりたい、”ダレス”を見て入社を決意しました

清水 真里  Mari Shimizu

2011年入社/ 製造
京都女子大学家政学部生活造形学科卒

みんなで協力して問題解決をすることができる会社です

学生時代に熱中したことや心に残っているエピソードを教えてください

大学4年間スキー部に所属し、学生の大会に出ていました。真冬の厳しい環境の中での合宿は楽しいことばかりではありませんでしたが、仲間と共に練習し切磋琢磨できたことは良い経験になりました。

どんな仕事をしているのか、今の役割などを教えてください

協力工場の納期・品質の管理、裁断係の生地の管理業務をしています。裁断から製品を納める最後まで携わっています。

株)由利を選んだ理由を教えてください

豊岡が鞄の産地だということは知らなかったが、ダレスを見て、モノづくりに携わりたいと感じたからです。

株)由利の良いと思うところを教えてください

みんなで協力して問題解決をすることができるところです。

製造の一から十まで携われることにやりがいを感じます

どんな時に成長を感じるか教えてください

それまでの経験から起きそうなトラブルを未然に防げた時に成長を感じました。

モチベーションになっていることを教えてください

会社から自分で考え行動することを認めてもらえていることです。

株)由利ならではのやりがいを教えてください

製造の一から十までに携われるところです。

一番大変だったこと、失敗談を教えてください

本社工場係だった時に赤字が続き、同じ失敗を何度も繰り返したこと。

確認不足で縫う場所を間違えたり、納期に間に合わなかったりしたこと。

その時にどのように乗り越えたか教えてください

業務の中で優先順位を付け、一つずつ片付け、おかしいと少しでも思ったときは確認をするようにしました。

一番嬉しかったこと、チャレンジしたことなどを教えてください

多くのトラブルを乗り越え、振り返った時に自分の知識や経験につながっていると感じることができたことが嬉しかったです。

キャリアアップについての夢や希望を教えてください

与えられた仕事に真面目に取り組んでいきたいです。

ある1日のタイムスケジュール

  • 8:30

    ミーティング.

  • 9:00

    加広工場の管理者で打ち合わせ

  • 10:30

    協力工場の問い合わせ対応

  • 12:00

    昼食

  • 13:00

    生地管理業務

  • 15:15

    協力工場回り

  • 18:00

    帰宅