Production Management

50年余年蓄積した工程分析に基づき、量産する商品がスムーズな工程で生産できるように、商品の仕様に適した治具の制作や生産管理を行なっています。

生産管理

YURI 量産試作(確認サンプル

量産試作(確認サンプル)

量産試作の意味としては、大きく2つあります。1つ目は量産で起こりうる問題点を抽出し、企画サンプル同様のクオリティーを確保するためです。2つ目は、量産時の使用機械、使用治具、作業方法を確定し、効率よく生産するための準備を行うためです。

工程分析表の制作

全ての工程を洗い出し、作業順番と工程ごとの作業時間を決定します。また工程ごとの注意点もこの分析表に記載します。量産時の作業予定組みと作業指示に欠かせないものとなっています。

YURI 工程分析表の制作

工程分析表の制作

全ての工程を洗い出し、作業順番と工程ごとの作業時間を決定します。また工程ごとの注意点もこの分析表に記載します。量産時の作業予定組みと作業指示に欠かせないものとなっています。

yuri 品質管理 縫製前確認

工程分析表の運用

工程分析表を運用することで、工程の漏れや作業順序の間違いといったロットミスを防ぎます。また納期管理に関してはボトルネック工程がどこにあるのか、そこにどれだけの人員を配置しなければならないのかを掴むことができ、納期を遵守するために役立てています。

納期遵守率

納期遵守率向上のためには、資材調達、生地・革加工、縫製ライン、コンピューターミシンラインといった各部署の進捗管理と部署間の報連相が不可欠です。その為に週2回の製造ミーティングと月2回の営業部も交えた調整会議にて進捗を報告し、各部署に遅延がないかを確認します。遅延があった場合は、各部署の進捗を踏まえて応援できる部署がないかを検討し、人員を再配置して納期遵守率向上に努めています。

YURI 納期遵守率ミーティング

納期遵守率

納期遵守率向上のためには、資材調達、生地・革加工、縫製ライン、コンピューターミシンラインといった各部署の進捗管理と部署間の報連相が不可欠です。その為に週2回の製造ミーティングと月2回の営業部も交えた調整会議にて進捗を報告し、各部署に遅延がないかを確認します。遅延があった場合は、各部署の進捗を踏まえて応援できる部署がないかを検討し、人員を再配置して納期遵守率向上に努めています。